What’s Time Economy ?
Time Economy をご購入されたオーナー様は自分が持っている宿泊権利を資産として、ご自身で宿泊に利用することも、観光客にその権利を貸出して利益を得ることも可能です。自分のライフスタイルに併せて自由に資産を活用することができるのが特徴となっています。

 
 

<限定200口 特別プラチナプラン>

 
<通常プラン> 

 
 
 
 
 
インドネシア・ロンボク島の経済特区マンダリカエリア近郊、MOTO GPサーキット場に位置する好立地の37ルームのプライベートホテル。現在の稼働率としても75%以上を誇り、今後は施設リノベーションによる、宿泊金額・稼働率向上が見込め、現在のマンダリカの開発から非常に注目が集まるホテルである。
 
 
リノベーション計画によって宿泊単価向上を目指します

 
 
ロンボク島の南に位置するセコトンエリアにて500ルームの大型施設とビーチクラブを有するホテルの計画が進められています。ホテルブランド名は「Buon Vento」。これはイタリア語で「いい風を」という古くからの挨拶で、その名の通り自然の中にある風をコンセプトに造られるオーガニックラインをベースにしている。ロンボク島政府としてもセコトンエリアの開発計画を発表しており、観光客の増加が見込めるエリアとなっており注目が集まっています。
 
「ロンボク島」が大注目される理由

 
 

インドネシア政府は西ヌサトゥンガラ州ロンボク島経済特区マンダリカでの開発を加速させ。2020年に投資額は726兆ルピアに達し、5万8千人の雇用が生まれる見込み。マンダリカは、16年に政府が進める観光開発の優先地域に指定された10地域のうちの一つ。広さは約1175ヘクタールで、開発事業はバリ島のヌサドゥアを開発してことで有名なインドネシア観光開発公社(ITDC)が担当している。バリに次ぐ観光地として、ホテルやコンベンションセンターの建設、浄水整備など、観光とインフラ開発を一気に進めている発展著しい島となっています。

 
 

マンダリカでの開発の中で現実的となったMOTO GPの開催。街の中にサーキット道路を整備しており、開催されれば多くの観光客が見込めます。空港や道路などのインフラも整備され、大手ホテルチェーンの参入が近年増え続けています。特にギリアイランドは非常に人気が高く1日で3000人以上の観光客がこの島で過ごしています。そのような観光ポテンシャルのある地域が点在しており、まだまだ開発の余地がたくさんあります。

年間ペイバック想定シミュレーション

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シルバー会員希望はこちらのサイトをご覧ください